のこのこファーム通信

<   2006年 09月 ( 6 )   > この月の画像一覧


復旧作業(9/25、27)を行いました!

 9/22の復旧作業においては、会員のナガヨシさんが作業に参加され、台風で積もった落ち葉や枯れ木の清掃を行っていただきました。(9/22のブログをご覧ください。)

 9/25においては、フクシマご夫妻が、キュウリのネットはずし、防虫ネットはずし、下草刈りを行われました。これにより、あらたに作付けする下準備にこぎつけることができました。ありがとうございました!

c0089311_18363031.jpg
c0089311_18364329.jpg


 今日、9/27は復旧作業の第3弾の日でした。作付けにおいては、キュウリやインゲンを活かしたかったのですが、これから植えるには時期が遅すぎましたので、野菜塾でもなじみのあるチンゲンサイと、博多にちなんだ、博多大根の種をまきました。

c0089311_1842396.jpg


 またシュンギクについていた防虫ネットを付け直し、台風の際の長雨の影響を受けたホウレンソウに対しては、一部、種をまきなおしました。

c0089311_18451950.jpg


 今後の予定としては、二十日大根の種まきやホウレンソウ用の防虫ネットのやりなおし、チンゲンサイの畑に防虫ネットを付けるなどの作業があります。
下の写真は、うねの溝をやり直した畑の様子です。

c0089311_18491332.jpg


 今週中には、台風前の市民農園の状態まで戻す予定ですので、お時間のある会員の皆様はご協力のほどよろしくお願いします!










 
[PR]

by noconocofarm | 2006-09-27 18:49 | 野菜の生育状況(写真)

第2回の野菜塾が開催されました。(9/23)

第2回のこのこファーム野菜塾が、9/23に開催されました!
当日は、18名の会員の皆さんが参加し、農作業を行いながらの食農育を実践されました!

 今回の講師は、第1回の講義でもお世話になった中川和弘先生と入江政信先生です。
まず中川先生からは、有機肥料と化成肥料、農薬の概要を実物を見せながら解説されました。
c0089311_172318100.jpg
c0089311_17234038.jpg


 肥料と農薬の解説を聞いた後に、入江先生からキャベツを事例として、実際にうねづくりまでの肥料の使い方(元肥)を解説されました。

c0089311_17261439.jpg
c0089311_17262470.jpg


入江先生の実演の後、実際に会員で、肥料のまき方を体験して見ました。実際にはじめて触る肥料は、とても匂いが強かったり、分量が思いのほか少なくても効果があるなど皆さん驚きつつも、納得しながら実践されました。

c0089311_17285888.jpg
c0089311_1729862.jpg


 さて、今回の畑は、いつもの農作業体験とは志向を変えたものとなっています。
というのも、一つのうねを、三種類に分けて肥料や農薬を変えて作っているからです。
例えば、A:有機肥料と農薬 B:化成肥料のみ C:化成肥料と農薬といった感じです。つまり、有機肥料を使っておいしい野菜をつくる時に、現場の農業を知った上でどういった違いが出るのか、出ないのか?化成肥料は有機肥料と比べるとどうなのか?など、素朴な疑問を実際試して見ることで納得してみようという試みです。
 2ヵ月後、どういった結果となっているでしょうか?感化された会員の皆さんは楽しみにされていました。

 引き続き行われたのは、ダイコンを事例とした間引きの作業です。9/2にまかれたダイコンは、間引きをするほど大きくなりました。野菜塾に参加された会員の方が代表して間引き作業を行いました。
 
 
c0089311_17411353.jpg
c0089311_17431562.jpg
 

 お昼は、のこベジファーム農場でとれたジャガイモの特製コロッケです。とてもボリュームがあり食べ応えのあるメニューで、会員さんにも好評でした!

c0089311_17463361.jpg
c0089311_17464541.jpg


 午後の作業が再開です。午前中に行ったうねづくりから、今度はキャベツの定植を行います。入江先生の実演の後、皆さんで定植を行いました。

c0089311_17475354.jpg

c0089311_17481042.jpg


 引き続き、午後に間引いたダイコンに対して、今度は追肥を行いました。先ほどのキャベツが、うねづくりからの元のの肥料づくり(元肥)に対して、追肥は、野菜が生長する過程で追加していく肥料のことです。皆さんで追肥作業を行い、今日のスケジュールが終わりました。

c0089311_17532630.jpg
c0089311_17533773.jpg


このように、今回の野菜塾では、特に土作りをメインにした、農作物の成り立ちや農作業の手法を学びました。参加された皆さんは、今まで持っていた肥料や農薬のイメージを新たにし、何かをつかんで帰られたことと思います。これまで農業の成り立ちや仕組みが分からないままスーパーなどで購入していた野菜を、実際作り体験して見ることは、食農育を実践する上でとても大切なことと思います。2ヵ月後になると、キャベツらしい畑になっていることと思います。今から楽しみですね!
 さて第4回の野菜塾では、今回植えたキャベツを生でかじって見ます。また、今回は市販の肥料を使いましたが、「メイドイン能古」の有機肥料を実際作る体験です。
どうぞご期待ください!




 
[PR]

by noconocofarm | 2006-09-27 18:02 | 野菜塾

復旧作業がはじまりました!

今日(9/22)より、台風13号による被害の復旧作業がはじまりました。
まずは、散らばっている枯れ木や落ち葉を拾うところからはじめました。
 また、防虫ネットを付け直すための準備として、一度固定していた石などを外しました。

さて復旧作業に参加されたナガヨシさんです!
うねに積もった落ち葉や、ダイコンの間引きの作業を行っていただきました!
(携帯の写真の撮り方が悪くてすみません。)
c0089311_20206.jpg

c0089311_202070.jpg

[PR]

by noconocofarm | 2006-09-22 20:02 | 野菜の生育状況(写真)

台風13号により市民農園の農作物に大きな被害が出ております。

 今週9/17における台風13号により、第3回農作業体験で定植したキュウリ、インゲン、ダイコンなどの農作物に大きな被害を受けました。さらに増水により、うねが一部流されるなど、畑の状態も芳しくありません。
 せっかく皆さんでがんばって作り上げた畑が、無残な状況になっていることをお伝えしなくてはならないのが残念でなりません。
 ただ、これからNPOの市民農園でやっていこうとする農業には、たえず気象条件や予測不能な事態がつきものであるということを、自然界は教えてくれたともいえるかもしれません。
 
 さて農業技術者と相談したところ現状回復は難しく新たにうねを作り直し、種や苗をまきなおす必要があるとのことです。(キュウリ、インゲンについては、定植する時期を過ぎているので、別の農作物を植えることとなります。)
 今週の金曜日(9/22)、来週の月(9/25)、水(10/4)、金(10/6)において、市民農園の建て直し作業を進めてまいります。もし会員の方で、お時間の空いておられる方は、ぜひ復旧作業にご協力のほどお願いいたします。

 2006/9/20 のこのこファーム事務局

c0089311_17374985.jpg

c0089311_1738238.jpg
c0089311_17382667.jpg
c0089311_17384957.jpg
c0089311_174096.jpg

[PR]

by noconocofarm | 2006-09-20 18:04 | 台風13号被害について

ホウレンソウをはじめ、順調に成長しています!

c0089311_15125146.jpg

c0089311_15125168.jpg

c0089311_15125135.jpg

c0089311_15125121.jpg


上から、ホウレンソウ、シュンギク、キュウリ、インゲンの今の状況です。
ホウレンソウは、芝芽のような芽がでています。シュンギクも丸い小さい双葉がちらほら見られます。
 一方、キュウリ、インゲンの苗も農作業の頃よりも少し大きくなっています。

さて、下の写真はトウガラシ(鷹のつめ)の苗です。新しい収穫の楽しみが増えました!ベジファームのご好意により苗をいただきました。インゲンの隣空いた角地のうねに定植しています。次の農作業体験の時にでも実際にご覧いただければと思います。
 
c0089311_15125188.jpg

[PR]

by noconocofarm | 2006-09-12 15:12

第3回農作業体験9/2

第3回の農作業体験は、残暑も和らぐ9月最初の活動となりました。
先回から始まったくじ引きで班分けをしたあと、各班別で行動してもらいました。
 ちなみに、今回よりくじにより班長を選ぶ仕組みとなりました。ご夫婦で班長に選出されるといった珍しい偶然も重なるスタートとなりました!

 先回から今日までの作物の生育状況ですが、キュウリ、インゲンについては順調に育っており、当初予定ではビニールポットに移植するつもりでしたが、畑に直接定植するまで大きくなりました。
 一方、極早生ダイコンについては、例年にない虫の異常発生により、葉っぱの虫食いが激しかったため、苗が非常に弱った状態です。
 今回の作業の流れとしては、キュウリ、インゲンを定植するとともに、もう一度、ダイコンの種をまいていただく作業を行いました。(比較的元気な苗を一つのうねに移植し、その他のうねは、耕運した上で消毒を施しました。)
 更に新しく、ホウレンソウとシュンギクの直まきを行いました。これらの作業の後に、栽培に必要な防虫ネット作りやキュウリ用ネット張りを行う工程もカリキュラムに盛り込まれました!

午前中は、1班が大根種まき、2班が防虫ネット作り、3班がナス、ピーマンの収穫と下ごしらえでスタートです。
c0089311_1381570.jpg

c0089311_1361951.jpg

c0089311_1384587.jpg


その後、2時限目では、苗の定植、ホウレンソウ、シュンギクの種まきが行われました!
c0089311_1313044.jpg
c0089311_13133276.jpg


 さて、一仕事終えての昼食は、午前中に収穫したナス、ピーマンを豊富に利用したマーボナス丼とサラダです。食事に彩を添えたのは、先回、竹細工による箸作りの指導を担当された協力スタッフの野口さんの湯のみです。
 今回は、ここに卵スープが注がれ、みなさんに振舞われました。
c0089311_13143630.jpg
c0089311_13145787.jpg


午後からは、本格的な農作業に突入です。
 防虫ネットかぶせとキュウリのネット立てという、普段経験できない作業を会員の皆さんでいっしょに行いました!
c0089311_1318551.jpg
c0089311_13192081.jpg
c0089311_13194624.jpg
c0089311_1320552.jpg


 4時限目で今回新しい試みとして、2班の皆さんでバジルペーストづくりを行いました。協力スタッフの岡さん、野口さんの指導の下、まずはバジル・オオバ摘みに行き、収穫した後、ジューサーでペーストを作りました!
 できたバジルペーストは、参加した会員の皆さんにレシピとともに配られました。
c0089311_1328798.jpg


今回の、農作業体験で市民農園は、大きく雰囲気を前進させました。
これからキュウリやインゲンはツルをまき、ホウレンソウは大きく茂らせることでしょう!
 生育状況は順次ブログにアップしていきます!


 
[PR]

by noconocofarm | 2006-09-05 13:33 | 農作業体験