のこのこファーム通信


NPO活動報告
by noconocofarm
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

カテゴリ:農作業体験( 6 )


第6回農作業体験11/18

収穫祭(11/4)を終えて、新たな気持ちでの農作業体験となりました。
今回の作業は、10/7にポット作りを行った博多かつお菜の苗とたまねぎの苗の定植です。

 まずは、ダイコンが実っていた畑の土に肥やしをまいた後に、耕運機ですき込みました。例のごとく?石ひろいです。できるだけ大きい石はとりのぞいていきました。

c0089311_2243557.jpg
c0089311_2244327.jpg
c0089311_22441179.jpg
c0089311_22441867.jpg


次にすき込んだ畑を、ロープで測りながら、うねづくりです。
慎重に大きさを測りながら、くわを使ってうねを作り上げていきました!

c0089311_22462578.jpg
c0089311_22472883.jpg


さて、この日は午後から雨が降る予報でした。うねづくりが佳境に入った頃、雨が降り出しました。この日のメインイベントである博多かつお菜、たまねぎの定植は断念せざるを得なくなりました。(この日できなかった作業は、来週の水曜日の11/22に行いました。)

 急きょ、レストハウスに戻り、収穫祭に余ったダイコン(あらかじめ屋外で干したもの)を使った漬物づくりを、能古島在住の久保田ご夫妻のご指導をいただきながら、みんなで実践しました。
 午前中に行った付け方は、長漬けです。その名の通り、長い間漬けこみ楽しむことができるお漬物です。
 久保田さんの実演は、自らの成功例や失敗談などのお話を交えながら、わかりやすく教えていただきました。
 特に、漬物石は、川の石ではなく海岸の石でないと解けてしまうことを聞いたときはみんなそろって、「えぇ~」と驚きの声がでました。
参加者の皆さんは興味深そうに見ながら、作業を行い、無事漬物が完成しました!

c0089311_231218.jpg
c0089311_2313437.jpg
c0089311_2314496.jpg
c0089311_2315590.jpg
c0089311_232897.jpg
c0089311_2321856.jpg
c0089311_2322879.jpg
c0089311_2323867.jpg


長漬けを作り終えた後、昼食の準備を行い、みなさんで食べました。
今日のメニューは、ハヤシライスと卵スープです。
卵スープには、市民農園のコマツナを使用しました。

c0089311_2355874.jpg
c0089311_236736.jpg


午後は、漬物作りの続きで、浅漬けの作り方を教わりました。
浅漬けは、取れたてのダイコンに塩をすり込んだ後に漬けます。
久保田さんの実演のあと、すり込みを皆さんでおこないました。

c0089311_2382143.jpg
c0089311_2383280.jpg


当日は、途中からあいにくの雨でしたが、島の方からダイコンの漬物づくりを教わることで、いつもとは一味違った充実した時間を、みなさんで過ごすことができた日となりました!
[PR]

by noconocofarm | 2006-11-18 22:27 | 農作業体験

第5回農作業体験10/28

第5回の農作業体験は、秋晴れの下でのさわやかな空気の中で行われました!
今日の作業は、収穫祭を目前にして、畑の手入れと液体肥料まきです。
畑の手入れは主に、夏草を刈ったものを回収することと野菜の間引きです。
間引きについては、間引いたものを後で料理に使うので、いわば収穫の予行演習のような感じです。

 午前中は、二手に分かれて間引きの作業と畑の夏草の回収を段取りよく行いました!
c0089311_191449.jpg
c0089311_1911757.jpg
c0089311_1913326.jpg
c0089311_1914344.jpg
c0089311_1921273.jpg
c0089311_1922789.jpg
c0089311_192408.jpg


また、間引いた野菜は、皆さんで協力しながら昼食の準備を行いました!
c0089311_1942757.jpg
c0089311_1944677.jpg
c0089311_194583.jpg

c0089311_1952261.jpg


さて秋の味覚である”さつまいも”を、収穫祭の時に、焼き芋で振舞う計画です。
そこで、この日は昼食の準備において、試し焼きを行うことになりました。
焼きあがりは、午後の農作業が終わる頃です。とても楽しみです!

c0089311_19105918.jpg
c0089311_199173.jpg


12時ごろに昼食ができあがりました!
さきほどったばかりの野菜ですのでとても新鮮です。皆さんでおいしく
召し上がりました!
c0089311_19102445.jpg

c0089311_1910382.jpg


午後の作業のメインは、液体肥料まきです。
ベジファーム農場の鯉川さん、西尾さん、藤本さんの指導の下で、実際の液体肥料の希釈から、散布までを皆さんで実践しました。
 大掛かりなタンクとその水撒きに、とても圧倒されました。

c0089311_19134913.jpg

c0089311_1914142.jpg


午後の作業も終わり、お楽しみの焼き芋です。
ホイルに包まれた芋を取り出すと、とても香ばしい匂いの焼き芋にできあがっていました。
 これなら収穫祭も大丈夫だろうと、太鼓判が押されました!

c0089311_19173369.jpg

c0089311_1917444.jpg

[PR]

by noconocofarm | 2006-10-28 18:27 | 農作業体験

第4回農作業体験10/7

第4回の農作業体験は、台風13号などで順延となったため、約1ヶ月ぶりの農作業となりました。
 今回の作業では、夏に大きく茂った下草を刈ることで休閑地として冬場に備えることと、有機肥料として休閑地対策としてよく使われるライ麦をまきます。
 また、来年の収穫を目的とした「博多かつお菜」のポットづくり、「小松菜」の直まきも用意しました。

午前中は、1班がポット苗づくりと種まき、2班と3班が下草刈りでスタートです。

1班の作業では苗作りの後、特に種まきをまく上で重要な、うねづくりを行った上で、種まきを行いました。

c0089311_19593874.jpg
c0089311_19594927.jpg


2、3班の下草刈りは、まず畑に生い茂った草の除去と以前、タマネギを植えていた際に使用していた黒いビニールシート(マルチ)の除去です。秋とはいえ、日差しの強い日でした。皆さん汗をかきながら荒れてた畑がみるみる蘇ってきました。

c0089311_19571382.jpg
c0089311_19572612.jpg


精一杯作業した後は、お楽しみの昼食時間です。
今回は、協力スタッフの西川さん、前山さんにケンチン汁とおでんをつくっていただきました!皆さんでおいしく召し上がりました!

c0089311_2031449.jpg
c0089311_2032655.jpg


お昼ごはんの後は、片付けです。今回はご飯とお漬物があまりましたので、3班の皆さんで、おにぎりをつくりました。ここで作ったおにぎりは後で会員の皆さんにふるまわれました。

c0089311_206389.jpg
c0089311_2061542.jpg


午後のメインイベント「ライ麦まき」に向けて、仕上げの段階に差し掛かりました。
耕運機をかける前に、石拾いを行いました。その後の耕運機でかけた後の土にも石がありましたので、皆さんが力をあわせて除去しました!

c0089311_2084680.jpg

c0089311_209435.jpg


ようやくライ麦まきを行うお膳立てができました。
今回まくライ麦は、「ライ麦太郎」という種です。
農業技術指導者の西尾さんの説明を聞いた後、皆さんでライ麦をまきました!

c0089311_20111334.jpg
c0089311_20112242.jpg


このように、晴天の中、久しぶりに行われた農作業体験。能古島の自然(石?)に格闘しながら、皆さんががんばった1日となりました。
次回は10/28(土)に第5回農作業体験が行われます。皆さんの参加をお待ちしています!
[PR]

by noconocofarm | 2006-10-17 20:20 | 農作業体験

第3回農作業体験9/2

第3回の農作業体験は、残暑も和らぐ9月最初の活動となりました。
先回から始まったくじ引きで班分けをしたあと、各班別で行動してもらいました。
 ちなみに、今回よりくじにより班長を選ぶ仕組みとなりました。ご夫婦で班長に選出されるといった珍しい偶然も重なるスタートとなりました!

 先回から今日までの作物の生育状況ですが、キュウリ、インゲンについては順調に育っており、当初予定ではビニールポットに移植するつもりでしたが、畑に直接定植するまで大きくなりました。
 一方、極早生ダイコンについては、例年にない虫の異常発生により、葉っぱの虫食いが激しかったため、苗が非常に弱った状態です。
 今回の作業の流れとしては、キュウリ、インゲンを定植するとともに、もう一度、ダイコンの種をまいていただく作業を行いました。(比較的元気な苗を一つのうねに移植し、その他のうねは、耕運した上で消毒を施しました。)
 更に新しく、ホウレンソウとシュンギクの直まきを行いました。これらの作業の後に、栽培に必要な防虫ネット作りやキュウリ用ネット張りを行う工程もカリキュラムに盛り込まれました!

午前中は、1班が大根種まき、2班が防虫ネット作り、3班がナス、ピーマンの収穫と下ごしらえでスタートです。
c0089311_1381570.jpg

c0089311_1361951.jpg

c0089311_1384587.jpg


その後、2時限目では、苗の定植、ホウレンソウ、シュンギクの種まきが行われました!
c0089311_1313044.jpg
c0089311_13133276.jpg


 さて、一仕事終えての昼食は、午前中に収穫したナス、ピーマンを豊富に利用したマーボナス丼とサラダです。食事に彩を添えたのは、先回、竹細工による箸作りの指導を担当された協力スタッフの野口さんの湯のみです。
 今回は、ここに卵スープが注がれ、みなさんに振舞われました。
c0089311_13143630.jpg
c0089311_13145787.jpg


午後からは、本格的な農作業に突入です。
 防虫ネットかぶせとキュウリのネット立てという、普段経験できない作業を会員の皆さんでいっしょに行いました!
c0089311_1318551.jpg
c0089311_13192081.jpg
c0089311_13194624.jpg
c0089311_1320552.jpg


 4時限目で今回新しい試みとして、2班の皆さんでバジルペーストづくりを行いました。協力スタッフの岡さん、野口さんの指導の下、まずはバジル・オオバ摘みに行き、収穫した後、ジューサーでペーストを作りました!
 できたバジルペーストは、参加した会員の皆さんにレシピとともに配られました。
c0089311_1328798.jpg


今回の、農作業体験で市民農園は、大きく雰囲気を前進させました。
これからキュウリやインゲンはツルをまき、ホウレンソウは大きく茂らせることでしょう!
 生育状況は順次ブログにアップしていきます!


 
[PR]

by noconocofarm | 2006-09-05 13:33 | 農作業体験

第2回農作業体験8/12

第2回の農作業体験は、夏真っ盛りの中での作業でした。
当日の作業は、先回の土作りの寝かせた状態から、うねを作って、極早生ダイコンの直まきと、キュウリ、インゲンの苗作り(トレー作り)です。
 くじ引きで班分けをしたあと、各班別で行動してもらいました。
c0089311_13261567.jpg


うねづくりでは、昔の手法を肌で感じよう!ということで
クワを使った手作りのうねを各班2列づつ作りました。また、ベジファーム農場の鯉川さん実演による自動うね立て機のうねづくりも見学しました。
c0089311_13325286.jpg

c0089311_13331593.jpg


うねづくりの作業が一通り終わった後は、ダイコンの種の直まきです。
丁寧にまいた後は十分な水をかけていきました。
c0089311_13402054.jpg


キュウリ、インゲンの苗作りでは、ビニールポットの苗をつくる第一段階の作業です。
次回では、このトレーから、ビニールポットに移植します。
c0089311_13372759.jpg


 この日の昼食は、味ご飯と肉じゃがでした。能古島の食材を使ったおいしい料理でした。なお今回から、3班の会員の人たちが昼食の準備、1班の人たちが片付けを行いました。
c0089311_1344726.jpg

c0089311_13462751.jpg


 午後は、農作業を引き続き行う班の他に、農作業体験のときに使用するお箸づくりをモウソウ竹を材料に、NPO協力スタッフの野口さんの指導のもと工作を行いました。
c0089311_1349147.jpg


 全工程を終えた後は、恒例のミーティングです。
各班ごとに今日の作業を振り返りました。また、今後の予定とダイコンへの水やりの話(事務局が常駐する月、水、金において、水やりなどの管理をお時間のある会員の方々で協力していただくこと)などについても報告がありました。
 これからが本番の農作業体験。芽吹いたダイコン、キュウリ、インゲンをこのブログでどんどんアップしていきます!
c0089311_1356101.jpg

[PR]

by noconocofarm | 2006-08-14 13:19 | 農作業体験

第1回農作業体験7/22

7/22は、NPOとして市民農園ではじめて農作業を行った記念すべき日となりました。
当日の作業内容をレストハウス前で確認した後、市民農園で作業開始です。
具体的には、玉ねぎ畑であった土地を蘇らすために、残っていた玉ねぎを収穫し、雑草抜きから肥料(石灰、有機肥料2種)の散布までを行うことになりました。

 午前中は玉ねぎ取りと雑草抜き、石拾いです。30人近くが作業をしたこともあり、みるみる土地が畑らしくなってきました。
c0089311_12504135.jpg

c0089311_1345030.jpg


お昼ご飯では、先ほど収穫した玉ねぎのスライスサラダとオオバをきざんでトッピングしたパスタを食べました。
 また、ベジファームのご好意により規格外の割れトマトを利用したおいしくて新鮮なトマトジュースも振舞われました!
c0089311_1255306.jpg


 午後からは肥料(石灰、有機肥料2種)の散布です。手分けしながら畑全体に均一にまいていきました。
c0089311_1259488.jpg


後片付けをした後、再びレストハウスまで歩いて戻り、今日の作業のおさらいと今後の取り組みについてミーティングを行いました。
 具体的には、ベジファームの友枝さんを囲んで、これから育てていける野菜を確認し、まずは初心者でも比較的簡単な作物を育てていくことが決まりました!
c0089311_1322666.jpg

c0089311_1324493.jpg

[PR]

by noconocofarm | 2006-07-24 12:18 | 農作業体験