のこのこファーム通信


NPO活動報告
by noconocofarm
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

第4回野菜塾11/25

 第4回の野菜塾は、場所を再び能古島に移して11/25(土)に開催されました。
今回の内容は、先回(9/23)に定植したキャベツの苗の状況を実際に観察した上で食べてみることと、能古島に固有の微生物を利用したメイドイン能古島の有機肥料づくり、さらに先回(11/18)に開催した農作業体験での漬物の状況を食農育の観点から観察すること、そして生ごみの有効利用としてダンボールコンポストの講義など多くの内容を含んだセミナーとなりました。

 今日のスケジュール確認の後、さっそく市民農園でキャベツの生育状況を観察し、皆さんで実際に食べてみました。
 味に関しては、参加者の皆さんそれぞれの反応でしたが、農薬が使われていないキャベツをを見て、驚かれているようでした。
講師の中川さんより、肥料の効き方、農薬の性質、消費者の立場からの野菜、農家の方の立場から見た野菜など、視点を変えて考えるとさまざまなことが現在の農業に関連していることを掘り下げながら、語っていただきました。

引き続き、メイドイン能古島の有機肥料作りについて講義をいただき、前日までに培養していた有機肥料に使う発酵菌の団子(お米、米ぬか、砂糖、酢を混ぜて団子にし、竹林の腐葉土に入れておいたもの)を前に、野菜における土作り、土ができるまでの微生物の働きについて説明をいただきました。

c0089311_035429.jpg
c0089311_0351452.jpg
c0089311_0355695.jpg
c0089311_036595.jpg


お昼は、秋の味覚である、さつまいもご飯をメインに、食べ応えのある串カツを皆さんで食べました!

c0089311_041123.jpg
c0089311_0412236.jpg


午後からは、先週(11/18)に引き続き、久保田さんに、1週間を経て漬け上がった浅漬けとダイコンの扱い方についてお話をいただきました。
 収穫祭で余ったダイコンとその葉っぱを無駄にせず、おいしい漬物に仕上がったダイコンに皆さんが触発され、先週の作業を行っていなかった方々から、もう一度実践して欲しいとの声から、急きょ、あたらしいダイコンをベジファーム農場から提供していただき漬けることになりました!

c0089311_0473789.jpg
c0089311_0474814.jpg

c0089311_04871.jpg
c0089311_0482193.jpg


この後、先ほど市民農園であった有機肥料作りの続きを行い、中川さん、入江さんのお話を聞きながら、今日作った肥料を今後の農作業体験に使用することとなりました。

c0089311_0495537.jpg
c0089311_050772.jpg
c0089311_0502177.jpg
c0089311_0503414.jpg


このように食農育の観点から、土作りや余り野菜の有効利用を実感しながら、講師の方々のお話を聞いてきました。
 今日、最後の講義は、どうしても出来てしまう生ごみを如何に対処するかを資源循環の視点から、NPO循環生活研究所の波多野さん、たいらさんにお話をいただきました!

 お話いただいた内容は、福岡市内や春日市内で実際に実践されているダンボールコンポストです。
 ダンボールとその中に入れる土や生ごみがどのように反応して、堆肥になるかを紙芝居を交えて、わかりやすく説明していただきました。

 最後に、実際に今日の昼食で出来た生ごみを利用して、コンポストをつくりました
今後、コンポストの中身を確認しながら、16日のセミナー最終日に報告したいと思います。

c0089311_057558.jpg
c0089311_0571883.jpg
c0089311_0572998.jpg
c0089311_057548.jpg
c0089311_058746.jpg
c0089311_0581811.jpg
c0089311_0582716.jpg
c0089311_0583735.jpg


今回をはじめ、4回の講義を能古島と天神で開催してきた野菜塾も次回で最終回です。

次回は12/16(土)に開催されます。これまで経験したことの総括として、自分自身が実践したいこと、来年の野菜塾の参加者に伝えたいことなどを、ワークショップ形式で考えていきたいと思います。
[PR]

# by noconocofarm | 2006-11-25 23:33 | 野菜塾